機種紹介

凍結粉砕機クライオミル

カタログダウンロード 製品仕様作成 (PDF)
Close

言語:


クライオミルは凍結粉砕用に設計されたボールミルです。液体窒素容器と一体化したクーリングシステムで予備凍結から凍結粉砕まで液体窒素で冷却します。
凍結粉砕により試料は脆化され、揮発性の試料もロスを軽減できます。自動クーリングシステムで、常に-196℃を維持するように調整するように、液体窒素がシステムに必要量だけ自動供給されます。
強力な衝撃力で効率的な粉砕ができます。自動クーリングシステムがついているため、予備凍結および粉砕行程で、作業者が液体窒素に直接触れることがないため、安全です。凍結粉砕だけでなく、常温での乾式粉砕、湿式粉砕も可能です。最大20mlの試料を粉砕する理想的な粉砕機です。

アプリケーション例

オイルシード, プラスチック, 化学製品, 土壌, 廃棄物サンプル, 木材, 植物, 汚泥, 紙, 細胞, 織物, 羊毛, 配合飼料, 錠剤, 食品, 骨, 髪, ... continue to application database

長所

  • 衝撃力と摩擦力による強力粉砕、最大振とう数30rps
  • 3種の粉砕方式に対応(凍結粉砕と常温による乾式、湿式粉砕)
  • 密閉された自加圧型の液体窒素容器から液体窒素を直接供給するので安全です。
  • ネジ式の粉砕ジャーで試料のもれを防ぎ快適な粉砕
  • ジャーとボールの大きさと材質は豊富。マイクロ遠心管用アダプタと自加圧型液体窒素容器をラインアップした充実のアクセサリー。
  • 液体窒素の消費量を極力抑えました。
  • 9件までの粉砕条件を登録可能
  • 予備凍結と粉砕時間をプログラミング可能(10秒~99分)
  • 鉄系のコンタミを防ぎたい場合=セラミック製(ジルコニア)の粉砕ジャーを使用可能

特徴

用途 粉砕,混合,ホモジナイジング,細胞破砕
分野 エンジニアリング / 電子工学, ガラス / セラミックス, バイオ, 化学/化成品, 地質学/ 冶金学、金属学, 建設材料, 環境/ リサイクリング, 薬 / 薬剤, 農業, 食品
投入試料の性質 硬質, 中硬質, 軟質, 脆い, 伸縮性, 繊維質
粉砕方法 衝撃力, 摩擦力
試料投入サイズ* ≤ 8 mm
粉砕粒度* ~ 5 µm
投入試料量* max. 20 ml
粉砕ジャー装填台数 1
振とう数の設定 デジタル, 5~30Hz (300~1800rpm)
粉砕時間(通常) 10 分 / 4 分 (冷却 / 粉砕)
乾式粉砕 あり
湿式粉砕 あり
凍結粉砕 あり
遠心菅による細胞破砕 あり
粉砕ジャー装填位置補正 あり
粉砕ジャーの種類 ネジ式粉砕ジャー
粉砕セットの材質 硬化鋼, ステンレス, 酸化ジルコニウム, PTFE
粉砕ジャーのサイズ 5 ml / 10ml / 25 ml / 35 ml / 50 ml
自加圧型容器 50 l
粉砕時間 デジタル, 30秒~99分
SOPを設定可 9件まで
電圧 100-240 V, 50/60 Hz
電源 単相
保護等級 IP 30
消費電力 260 W
W x H x D(カバーを閉じた状態) 395 x 373 x 577 mm (排出部を含めると奥行 710 mm)
本体重量 ~ 45 kg
規格 CE

注意:
*試料と機器種別により異なります。

機能

水平に装着された粉砕ジャーを高速で往復運動させることで、中の粉砕ボールがジャー内壁に衝突させ試料を粉砕します。粉砕前と粉砕中、一体型のクーリングシステムによって、粉砕ジャーは液体窒素で常に冷却されます。

予告なく仕様の一部を変更することがあります。