生体試料中の有害物質の分析

凍結粉砕で生物試料の調製が容易になります。 動植物は環境汚染の度合いを測るうえで信頼できる指標です。したがって環境分析の最も重要な手段のひとつとして、生体試料中の有毒物質の分析があります。レッチェ社の粉砕機は試料の特質や成分を損なうことなく調製できるので、世界中の環境分析機関で活躍しています。ここでは、テキサスの微量元素研究所とオタワの国立カナダ野生生物研究所の2件をご紹介します。

back

ヴァーダー・サイエンティフィック- Science for Solids

ヴァーダー(Verder)グループには、理化学機器の「サイエンティフィック部門」と、移送式ポンプの「リキッド部門」があります。サイエンティフィイク部門の高品質は製品群は、品質管理、研究、開発用の理化学機器のスタンダードとなっています。試料調製から分析機まで、数多くの製品をカバーしています。 日本では、2015年に100周年を迎えたレッチェの粉砕機、レッチェテクノロジーの画像式粒度分布測定装置CAMSIZERシリーズ、カーボライト・ゲロの電気炉、またELTRAの燃料式元素分析装置のお取扱いがございます。

メタログラフィ

電気炉 & オーブン

成分分析・元素分析

粉砕機 & ふるい振とう機

粒度分布測定装置