機種紹介

サイクロンミル ツイスター

カタログダウンロード 製品仕様作成 (PDF)
Close

言語:


サイクロンミル ツイスターは、食品と飼料の近赤外分析用の試料調製用粉砕機です。
粉砕された試料は、インペラーで発生されるジェット気流で一体型のサイクロンに排出され広口ボトルの中に自動的に回収されます。粉砕室内に発生するジェット気流のため粉砕時の発熱が極めて少なく、試料中の水分ロスを低減できます。

スクリーンによって粉砕粒度が決定されるため、分析機を都度調整する必要がありません。インペラーの回転数を3段階で調節できるので、試料に合わせた最適な粉砕が可能です。ジェット気流によって粉砕室に試料が滞留することがないので、清掃が極めて簡単です。

「高品質のレッチェ」がお届けする新製品サイクロンミル ツイスターは、
近赤外分析前の最適の試料調製と信頼できる分析結果をお約束します。

アプリケーション例

とうもろこし, まぐさ, タバコ, パスタ, 医薬品, 大豆, 穀物, 米, 飼料ペレット, ... continue to application database

長所

  • 飼料、飼葉、および穀類の粉砕に最適
  • インペラー回転数3段階で調節可能
  • 250Lの広口ビンに直接回収
  • 清掃が簡単
  • 便利な操作パネル
  • 900Wの産業用モータで長期間の使用に耐える設計

特徴

用途 NIR分析前の試料調製
分野 農業, 食品 / 飼料, 製薬 / 医療品
投入試料の性質 繊維, 柔らかい
粉砕方法 衝撃力, 摩擦力
試料投入サイズ* < 10 mm
粉砕粒度* < 250 µm
投入試料量* < 250 ml
回転数 10,000 / 12,000 / 14,000 /分
ロータ周辺速度 52 / 62 / 93 m/s
ローター径 98.5 mm
スクリーン 1 mm / 2 mm
モータ 直列特性モーター
ドライブ 900 W
電圧 100V-240V, 50/60Hz
電源 単相
W x H x D(カバーを閉じた状態) 449 x 427 x 283 mm
本体重量 14 kg
規格 CE

注意:
*試料と機器種別により異なります。

機能

サイクロンミルツイスターの粉砕は、インペラーとグラインディングリングによる衝撃力と摩砕力で行われます。跳ね返り防止付のホッパーから投入された試料は、高速で回転するインペラーによって一次粉砕され、遠心力によって跳ね飛ばされてインペラーとグラインディングリングの間で二次粉砕されます。2段階の粉砕は瞬時に行われるため、粉砕室に試料が留まっている時間はほんのわずかです。スクリーンの表面積が大きいため空気の流量が大きく、試料が熱を持つのを防ぎ、さらに、一体型のサイクロンで、試料と粉砕室が空冷されます。 そのため、分析に重要な試料の性質を損なわずに粉砕することができます。粉砕された試料はサイクロンで分離され、広口ビンに回収されます。


予告なく仕様の一部を変更することがあります。