食品・飼料の肥質分析

食品や飼料の品質を管理するうえで、脂質は非常に重要な分析項目です。脂肪量は薬品の栄養価を大きく左右する要素であり、また、乳脂肪やカカオバターなどの比較的高価な脂肪分は、効率よく利用する必要があります。加えて、新しいEU指令によって食品会社は「ライト」や「低脂肪」などの抽象的は表示ではなく、正確な脂肪分を包装に表示するように求められています。


back