振動ディスクミル RS 300 XL

Close

Language:


振動ディスクミルRS300XLは、中硬質、硬質、脆い試料、および繊維質の試料を、極めて短い時間、且つ試料のロスを抑えて、 分析可能な粒度にまで粉砕できます。 また、多検体(1~4つ)サンプルの同時処理にも対応します。安定した駆動システムも大きな特長です。頑丈な万能ドライブシャフトを採用しているので、最大30㎏の粉砕セットが可能です。試料は密閉された状態で粉砕されるので、安全に作業を行えます。

振動ディスクミルRS200同様、RS300XLは堅牢に設計されているので、 地質、鉱山、金属、セメントなどの建材、および火力発電所等の幅広い分野で使われています。

分光分析の試料調整で、最終到達粒度 と粉砕処理時間において、レッチェ社の振動ディスクミルに勝る粉砕機はありません。

アプリケーション例

ガラス, ケイ酸塩, コランダム, コンクリート, コークス, スラグ, セメント, セメントクリンカー, 土壌, 植物, 石炭, 金属酸化物, 鉱物, 鉱石, 陶磁器, 電子部品, ...

長所

  • 万能ドライブシャフトによって、均一で再現性のある試料調整が可能。(粉砕セットの3D振動)
  • 回転数: 912 min-1
  • 短時間での粉砕が可能
  • 自動反転機能(左右ローテーション)
  • インターバル設定機能(自動スタート/ストップ)
  • 粉砕セットの材質を選択可能
  • 粉砕セットの容量は100ml~2000mlまで対応
  • 密閉/防音構造の粉砕室
  • 粉砕ジャーは空気圧で固定され便利で安全
  • 高い安全性:正常な空気圧でのみスタート
  • オプションの自動リフターは重い粉砕ジャーのセットが容易

特徴

用途 粉砕,混合
分野 ガラス / セラミックス, 地質学/ 冶金学、金属学, 建設材料, 環境/ リサイクリング
投入試料の性質 中硬質, 固い, 脆い, 繊維
粉砕方法 圧力、摩擦力
試料投入サイズ* < 20 mm
粉砕粒度* < 20 µm
投入試料量* 35 - 2,000 ml
回転数 50Hz( 60Hz ) 912 min-1
粉砕セットの材質 クロム鋼、硬化鋼、タングステンカーバイド、酸化ジルコニウム、スチール1.1740 (重金属コンタミ防止用)
粉砕ジャーのサイズ 100 ml / 800 ml / 1,000 ml / 2,000 ml
粉砕時間 デジタル, 00:00 ~ 59:59
モータ 3相200V
ドライブ 2.2 kW
電圧 100V-240V, 50/60Hz
電源 三相
保護等級 IP 40
W x H x D(カバーを閉じた状態) 1400 x 1460 x 730 mm
本体重量 ~ 415 kg (粉砕セットは除く)
規格 CE

注意:
*試料と機器種別により異なります。

機能

振動ディスクミルは、衝撃および摩擦力で粉砕します。粉砕セットは空気圧によるクランプにより、振動盤にしっかりと固定されます。3D振動により生じる効果的な遠心力で、

振動盤上の粉砕セットの中のリングは、加圧、衝撃および摩擦を繰り返して、試料が粉砕されます。振動ディスクミルはパワフルな三相モーターと2.2kWドライブを採用しています。

予告なく仕様の一部を変更することがあります。