機種紹介

振動ディスクミル RS 200

Close

Language:


振動ディスクミルRS200は、中硬質、硬質、脆いものや繊維質の試料を分析に適した粒度にまで迅速にロスなく、また高い再現性で粉砕できる粉砕機です。

粉砕セットもクロム鋼、タングステンカーバイド、メノウおよびジルコニア製を用意しているので様々な試料にご使用できます。主に分光分析の試料作成に使われています。

アプリケーション例

ガラス, ケイ酸塩, コランダム, コンクリート, コークス, スラグ, セメント, セメントクリンカー, 土壌, 植物, 石炭, 金属酸化物, 鉱物, 鉱石, 陶磁器, 電子部品, ... continue to application database

長所

  • reproducible results due to "Stabilized-Plane-Drive" (avoids tumbling of the grinding set)
  • 回転数を700~1,500rpmで調節可能
  • 短時間での粉砕
  • めのうとタングステンカーバイドの粉砕セットは自動スピード調整機能付き
  • 粉砕条件を10件まで登録可能
  • Oリングで試料のロスを防止
  • 材質が選択できるのでコンタミネーションが防げます。
  • 防音構造の粉砕室
  • 新しいクイックアクションクランプで、粉砕セットを簡単で安全にセットできます。
  • インターロック付で安全
  • カラーグラフィックディスプレイで簡単にボタンで設定できます。
  • 新しいキャリーハンドル
  • 人間工学的に基づくニューデザインで、ユーザーが機械により近づいて作業が行えます。長時間使用されるヘビーユーザーの方でも、負担が少なくお使いいただけます。

特徴

用途 粉砕,混合
分野 ガラス / セラミックス, 地質学/ 冶金学、金属学, 建設材料, 環境/ リサイクリング
投入試料の性質 中硬質, 固い, 脆い, 繊維
粉砕方法 圧力、摩擦力
試料投入サイズ* < 15 mm
粉砕粒度* < 20 µm
投入試料量* 15- 250 ml depending on size of grinding set
回転数 50Hz( 60Hz ) 700 - 1,500 rpm, 無段階調整
粉砕セットの材質 硬化鋼, タングステンカーバイド, メノウ, 酸化ジルコニウム, スチール (1.1740)製 (重金属コンタミ防止用)
粉砕ジャーのサイズ 50 ml / 100 ml / 250 ml
粉砕時間 digital, 00:01 to 99:59
SOPを設定可 10件
モータ 3相 非同期モーター 周波数コンバーター付
ドライブ 1.5 kW
電圧 100V-240V, 50/60Hz
電源 単相
保護等級 IP 40
W x H x D(カバーを閉じた状態) 836 x 1220 x 780 mm
本体重量 ~ 210 kg (粉砕セットを除く)
規格 CE

注意:
*試料と機器種別により異なります。

機能

振動ディスクミル RS200は、加圧、衝撃および摩砕力で試料を粉砕します。粉砕セットは振動盤にワンタッチレバーで固定できます。振動盤は700~1500rpmで水平に回転します。

容器の中のリングが振動盤の遠心運動で試料を加圧、衝撃および摩砕して1~3分で微粉砕できます。駆動はコンバータ付きモータです。


メノウ製の粉砕セットを装着した場合、機械が自動認識して回転数を最大700rpmに制限して粉砕セットの損傷を防止します。ハウジングのドアは防音効果だけでなく、機械が完全に停止するまで開かないようになっており、安全面にも配慮された設計になっています。

予告なく仕様の一部を変更することがあります。