機種紹介

カッティングミル SM 300

Close

Language:


カッティングミルは、軟質から中硬質、弾力性のあるものや繊維質のもの、混合物の予備粉砕に最適です。新しいカッティングミル SM300は、ほかのカッティングミルでは粉砕できなかった硬い試料も粉砕できる最もパワフルなカッティングミルです。
RESテクノロジーを利用した3kWモータの高いトルク性能を持つ駆動部の強化で、廃棄物や電子部品のような異種混合物の試料を効率よく粉砕します。試料によっては分析用の粉砕粒度に到達することもできます。
幅広い試料に対応できます。粉砕時に試料が急激に熱を帯びることがないため、熱に弱い試料の粉砕に最適です。回転速度を、700~3,000rpmの広範囲で自由に選択できるのも大きな利点です。
SM300にはオプションで吸引式のサイクロンを取り付けることができます。少量の試料や比重の軽い試料の粉砕にも極めて効果的です。スクリーン、ホッパー、回収容器と豊富なアクセサリーで、様々なアプリケーションの要求に対応できます。

アプリケーション例

PET プリフォーム, ごみ, アルミニウムスラグ, ケーブル, ゴム, ダンボール, フィルム, プラスチック, プラスチック製玩具, ポリマー, 亜炭, 医薬品, 廃棄物固形燃料, 木材, 植物, 樹脂, 混合物, 紙, 織物, 藁, 配合飼料, 電子部品, 非鉄金属, 革, 食品, 飼料ペレット, 香辛料, 骨, ... continue to application database

長所

  • 高いトルク性能をもつ3kWモータで強力な粉砕力
  • ロータ回転数を700~3,000rpmで無段階調整できるので様々な試料に対応。
  • 新設計の二重固定刃で効率的な粉砕
  • 工具なしで着脱できるロータと大きく開放する粉砕室、汚れにくい表面加工で清掃が簡単
  • 0.25~20mm孔のスクリーンを選択することによって、簡単に粉砕粒度を決定
  • ホッパー、回収容器、ロータとスクリーンは種類豊富
  • モータブレーキ、インターロック機構及び堅牢な架台で最高の安全性
  • 18 cutting events per rotation with parallel section rotor

特徴

用途 剪断による粉砕
分野 エンジニアリング / 電子工学, バイオ, 化学/化成品, 環境/ リサイクリング, 薬 / 薬剤, 農業, 食品
投入試料の性質 柔らかい, 中硬質, 硬い, 伸縮性, 繊維
粉砕方法 剪断
試料投入サイズ* < 60 x 80 mm
粉砕粒度* 0.25 - 20 mm
回転数 50Hz( 60Hz ) 700 ~ 3000 rpm
ロータ周辺速度 4.7 - 20.3 m/s
ローター径 129.5 mm
ロータ parallel section rotor / 6-disc rotor / V-rotor
ホッパー 標準タイプ, ロングタイプ
粉砕セットの材質 ステンレス, 重金属コンタミ防止用スチール, タングステンカーバイド
スクリーン 梯形孔 0.25 / 0.50 / 0.75 / 1.00 / 1.50 mm
正方形孔 2.00 / 4.00 / 6.00 / 8.00 / 10.00 / 20.00 mm
受け器 / 容量 試料受器5L/オプション26L
モータ 3相 非同期モーター 周波数コンバーター付
ドライブ 駆動力3 kW ~ 28.5 kg
電圧 100V-240V, 50/60Hz
電源 単相
モータブレーキ
保護等級 IP 20
W x H x D(カバーを閉じた状態) 576 (1080 開放時) x 1677 x 750 mm (架台と標準ホッパー付)
本体重量 約160 kg
規格 CE

注意:
*試料と機器種別により異なります。

機能

カッティングミルSM300の粉砕は切断と剪断で行われます。粉砕室に落下した試料は、ロータ先端の回転刃と粉砕室内側の二重固定刃で粉砕されます。ディスクロータはねじ切る効果、セクションロータは切断効果が各々発揮できます。モータ駆動力の強化で優れた粉砕力を持ちます。回転数を700~3,000rpmに調整できるので、様々な試料に適した粉砕が可能です。

予告なく仕様の一部を変更することがあります。