再生可能なエネルギー

営林作業や木材加工で生じた廃材は木材チッ プに加工されますが、木や樹皮の種類、残留 水分などによって、様々な用途に使用されま す。チップボードの原料やきのこ類のほだ木 などはその一例ですが、主に燃料として利用 されます。木材チップの品質は、樹木の種類 や保管状態によって大きく異なります。燃料 として商取引する場合、乾燥状態と含水量に よって違う発熱量の把握が重要になります。 そこでサンプルの分析結果が大切な取引条件 になるため、代表性と再現性のある試料調製 が必要です。

back