ナッツ類のマイコトキシン検査

マイコトキシンはカビの代謝産物の一種で、人間や動物に有害な影響を与えます。マイコトキシンを代謝するカビ類は身の周りのいたるところに存在していま す。マイコトキシンの一種のアフラトキシンは、発癌性がきわめて高い危険なものであることがわかっています。特に、ドライフルーツ、香辛料、ナッツ(ピー ナッツ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ)や穀類(小麦、トウモロコシ)などの食品は、真菌感染によるアフラトキシン汚染の危険性があります。

back