注目される資源の再生

植物の代表サンプル作成には経験が必要 切迫した原料不足を背景に産業界は、再生可能な資源の利用技術開発に注力しています。その中でも様々な植物は繊維、顔料、医薬品、燃料、油脂および緩衝材の原料として脚光を浴びています。しかし、植物はその複雑な組成や成分のため、分析用の試料調製が困難なもののひとつです。予備粉砕から微粉砕までの最適な粉砕方法を見つけ出すのは簡単なことではなく、経験とノウハウが必要です。

back