機種紹介

回転チューブディバイダ PT 200

Close

Language:


失敗なく比較可能な分析結果を得れるかは、試料をいかに精密に扱えるかで決まります。再現性の高い試料作成が分析の結果を左右します。回転チューブディバイダ PT 200は、バルク材の縮分に極めて効果的です。ホコリをたてず大量のバルク材を縮分できます。人による誤差を排除した精密な縮分でサンプリングされた試料こそが、再現性のある正確な分析の必須条件です。

アプリケーション例

コーヒー, セメントクリンカー, ナッツ類, 充てん材, 化学物質, 土壌, 小麦粉, 建設材料, 砂, 種子, 穀物, 粉末洗剤, 肥料, 鉄粉, 鉱物, ... continue to application database

長所

  • 大量の試料でも精密な縮分
  • モジュール構造
  • 縮分比率調整可能
  • サンプル捕集数は1~3から選択
  • 取り外しがスムーズなサンプル捕集口と締め付けが簡単なボトムコーン
  • バッチ式でも連続でも可能
  • 回転速度を一定に保持
  • シンクロしたDR100から自動試料供給
  • DIN51701に準拠した縮分

特徴

用途 サンプリング、および試料分割
分野 エンジニアリング / 電子工学, ガラス / セラミックス, バイオ, 化学/化成品, 地質学/ 冶金学、金属学, 建設材料, 環境/ リサイクリング, 薬 / 薬剤, 農業, 食品
投入試料の性質 バルク材
投入粒径* ≤ 10 mm
回転数 50 rpm
採取サンプル数 1 / 2 / 3 (ボトムコーンの数による)
時間設定 デジタル式, 1, 3, 5, 10 - 60 分 / 連続運動
スロット幅, 無段階調節可 0 - 159 mm (サンプル捕集数1)
0 - 110 mm (サンプル捕集数2 )
0 - 53 mm (サンプル捕集数3 )
最大分割比率 1 x 1:5 (1 sample outlet)
2 x 1:7,2 (2 sample outlets)
3 x 1:15 (3 sample outlets)
最小分割比率* 1 x 1:26 (サンプル捕集数1 )
2 x 1:26 (サンプル捕集数2)
3 x 1:26 (サンプル捕集数3)
排出試料容器容量 30 l
捕集ビン容量 250 ml / 500 ml
電圧 100-240 V, 50/60Hz
電源 単相
W x H x D 520 x 1050 x 551 mm / 572mm x 1307 x 551 incl. DR 100
本体重量 ~ 46 kg (incl. DR 100)
規格 CE

注意:
*試料と機器種別により異なります。

機能

試料供給機のホッパーに投入された試料はシュートを伝って、50rpmの定速で回転するコーンに供給されます。ボトムコーンのサンプル捕集口は、1、2及び3個のものがあり、捕集口のスロットの幅を調整ことで分割比率を変えることができます。アッパーコーン内のチューブが回転するので、試料を捕集口からサンプリングし、残りは30Lの排出試料容器に回収されます。

予告なく仕様の一部を変更することがあります。