機種紹介

油圧式ペレットプレス PP 40

Close

Language:


信頼性の高い蛍光X線分析のためには、しっかりした試料片を作成することが重要です。ペレットプレスPP40を使うことで、スラグ、鉱石、鉱物、セメントなど多くの試料を表面がスムーズなしっかりした試料片を作成することができます。圧力は5~40tで設定できます。加圧過程、保持中及び減圧過程の圧力を個別に調整できます。つまり、試料内部のストレスを軽減できるので、型崩れしない完璧な試料片が作成できるのです。

アプリケーション例

スラグ, セメント, 原材料, 鉱物, 鉱石, ...

長所

  • 最大40tまで個別に加圧設定が可能
  • スチール製リング、またはアルミカップを選択可能
  • 自動で加圧力をコントロール
  • スチールリングの大きさは豊富
  • 最大32種類のパラメータを登録可能、ルーティン作業に最適
  • 液晶画面とボタン1つで対話型の条件入力

特徴

用途 分光分析用試験片作成
分野 ガラス / セラミックス, 化学/化成品, 地質学/ 冶金学、金属学, 建設材料, 環境/ リサイクリング
最大荷重 40 t, 自動プレス
加圧 5 - 40 t (50 - 400 kN)
加圧 / 保持 / 減圧時間 各 5 ~ 600 秒
条件登録 32
Steel rings (external Ø / internal Ø) 51.5 mm / 35 mm
40 mm / 35 mm (max. pressure force 20 t)
40 mm / 32 mm
Aluminium cup (external Ø) 40 mm
電圧 220-230V, 50/60Hz
電源 単相
W x H x D 836 x 1220 x 780 mm
本体重量 345 kg
規格 CE

注意:
*試料と機器種別により異なります。

機能

スチール製リング又はアルミ製カップをPP40のプレス台に装着し、ロートを使って試料をリング内に充填します。リングがプレッシャプレートに下から押され、加圧が始まります。

圧力が加わるにつれ、試料内部の空気が押し出され密度が増していき、試料片の形状が安定します。最大荷重に達したら、圧力を保持したまま試料の粒子どうしが密着するのを待ちます。PP40では保持時間を最大600秒まで設定できます。

また、減圧する際にも加圧過程で試料内部に溜まったストレスで試料片が型崩れしないよう、注意深く試料片の入ったリングを引き抜かなければいけません。PP40は減圧工程の設定も可能です。

予告なく仕様の一部を変更することがあります。