RETSCH Goes Big: 大型ジョークラシャと大容量のディスクミル、ボールミル が製品に加わります。

製品のラインナップを更に充実させるため、大型のジョークラッシャ、振動ディスクミル、ボールミルが新たに加わります。既存のモデルの延長線上にある大型モデルを投入することで、これまで処理できなかった大サイズ、大容量の試料の粉砕が行なえる様になります。

これらの大型モデルは、 “X-Large(エックスラージ)”の冠で、レッチェの粉砕機に加わります。これにより、例えばジョークラッシャを例に挙げると、40mmサイズの比較的小さな試料(少量粉砕:ジョークラッシャBB50)から、350x170 mmサイズの大きい試料(大量粉砕:ジョークラッシャBB600 XL) まで、幅広い選択肢から試料を粗粉砕することができる様になります。振動ディスクミル、ボールミルも X-Largeモデルが加わったので、微粉砕においても同様に大容量での粉砕が可能になりました。粉砕機だけではなく、これまでご要望が多かった、縮分機にも大型モデルが加わりました。また、ボンド試験専用機、浮選機などの試験機も、この新しいポートフォリオの目玉です。


 


製品群の拡充により、これまで従来のラボレベルの製品群ではカバーしきれなかった、石炭、鉄鋼、鉱山などの産業に対し、トータルソリューションをご提供できる様になりました。昨年、創立100周年を迎えたレッチェは、最先端の研究開発におけるナノレベルの超微粉砕から、時間あたりの処理量が3500kgのジョークラッシャまで、お客様の前処理を、粉砕専門メーカーとして引き続きサポートして参ります。


 


レッチェXLシリーズ 新製品:

back