GERO Hochtemperaturöfen はヴァーダー・サイエンティフィックのグループ会社です。

- GERO Hochtemperaturöfenは、超高温真空電気炉(1800℃~3000℃)のリーディングカンパニーです。

ヴァーダーグループは、2013年10月にGERO Hochtemperaturöfen GmbH & Co. KGを買収することにより、熱処理部門における製品のラインナップを拡大しました。GEROは、超高温真空電気炉)のリーディングカンパニーで、航空宇宙産業におけるアプリケーションに特化した電気炉を製造しています。製品は、実験用・産業用両者で使用されています。本社は、シュトットガルトの近くにあるノイハウゼンに位置しており、総売上高は700万ユーロです。


今から30年以上前に Roland Geiger(現部門長)がGEROを設立しました。組立から製造まで本社で行います。ドイツを中心にヨーロッパ全域で拡販してきました。


ヴァーダー・サイエンティフィック現CEOのユルゲン・パンクラッツはこう語ります。「GEROの買収によりヴァーダー・グループは3000℃までの電気炉の製品ラインナップを揃えたことになる。」


GEROは、ヴァーダーのグループ会社であるカーボライトの製品ラインナップを補完することになります。カーボライトは1800℃以下のオーブン及び電気炉を製造・販売しています。



ヴァーダーの一部門として、GEROは80か国以上の国で販売網を広げています。将来的なプランとして、販売網を拡大するためにノイハウゼン本社の拡張を計画しています。




GEROホームページ

Visit www.gero-gmbh.de/english/

back