クライオミルが新しくなりました。

凍結粉砕がより簡単に、効率良くできるようになりました。

クライオミルは、凍結粉砕用に開発されたボールの衝撃力を使った粉砕機です。自加圧型の液体窒素容器と接続して使い、予備凍結から粉砕まで一貫して液体っ窒素で粉砕容器を冷却します。したがって、試料が脆化すると同時に、試料中の成分が熱で損なわれることがありません。予備凍結時間や粉砕時間をデジタル設定できます。自加圧型容器から液体窒素を直接供給するため、液体窒素容器を手で傾けて凍結バスに注ぐ必要が無いので、極めて安全です。

新しいクライオミルは、最高30Hzの振とう数で粉砕するため、粉砕力が強化されました。また、粉砕条件が9件まで登録可能になり、より使いやすくなりました。他の改良点は、筐体を強化し、窒素ガス排出口も大型化しました。また、新たなアクセサリも加わりました。2mlのマイクロ遠心管を6個までセットできるアダプタを追加し、10mlの粉砕ジャーを追加しました。


NEW:

  • 最高30rpmの振とう数で粉砕力がアップ
  • ハウジングの強度をアップ
  • 液体窒素のダクトを変更
  • 9件までの粉砕条件を登録可能
  • リアルタイムで粉砕工程を表示
  • 粉砕ジャーの開放レンチで、着脱がスムーズに。

back