サイクロン方式 - 熱に弱い試料に最適です

サイクロン方式は、水分ロスや熱による劣化を防ぎ、試料の特性を損なうことなく、試料調製ができます。

掃除機を接続し、高速回転のロータを使うことで、試料と粉砕セットが冷却されるため、サイクロン方式を採用することで試料に優しい粉砕が可能です。そのため、パウダーコーティングのような熱に敏感な試料や、プラスチックホイルのような低密度の試料に最適です。比較的、多めの量を粉砕したい場合や、試料の損失を防ぎたい場合にも適した方法です。

レッチェの粉砕機にはサイクロンが付けられます。サイクロンミルツイスターはサイクロン方式で粉砕を行います。超遠心粉砕機ZM200には外付けのサイクロンキットをご用意しています(別売)。また、カッティングミルにも同じく掃除機とサイクロンが取り付けられます。

back