コーヒー生豆の残留農薬検査の試料調製に

コーヒー生豆は硬く、油分を含み、粉砕が困難な試料です。


超遠心粉砕機ZM200は既に多くの食品分析の現場にて、食品、農産物の前処理粉砕機としてご愛用頂いていますが、コーヒー生豆の様な試料も粉砕できます。その秘訣は1300VAの安定したモーターと豊富なアクセサリーにあります。


この組み合わせにより、発熱を抑制し、常温での粉砕が可能です。


粉砕後の清掃も簡単です。接粉部は全て工具なしで、着脱できます。


また、試料を捕集するバックはディスポタイプですので、多検体をこなす事も可能です。


 

対象試料/粉砕量

: コーヒー生豆 / 250g

使用機種

: 超遠心粉砕機 ZM200

使用した粉砕セット

:ステンレス製ローター12本刃/ディスタンススクリーン0.50mm

 

ペーパーフィルタバックキット/電磁式試料供給機DR100

回転数/粉砕時間

:16,000rpm/約10

粉砕後の粒度

:d80=425μm

back