RS 200
短時間で微粉砕、高い再現性

振動ディスクミル RS 200

脆い試料、中硬質から硬質の試料を、迅速に、分析に合った微粉砕をするのに、新製品 振動ディスクミル RS200
は最適な機械です。

RS200は鉱物、セメント コンクリート、土壌、また電子部品廃棄物も粉砕できます。迅速なだけでなく、再現性にも優れています。




特徴:

  • 最適な水平駆動 : 強力な駆動力で、振動盤が安定した水平回転運動を行うため、本体の振動を最小限に抑えます。効率的でバランスのとれた運動で、再現性がアップするだけではなく、粉砕時間が短時間ですみます。
  • 優れた操作性: 全てのパラメーターがボタン1つで設定できます。また設定した条件は液晶画面で確認できます。粉砕条件は最大10件まで登録できます。
  • 粉砕セットの向上: 粉砕容器のデザイン改善によって、RS200はエネルギーを最大限に活用し、さらに効率的に微粉砕が行えるようになりました。また、250mLのタングステンカーバイド製のジャーは従来のジャーに比べて重量を軽くし、扱いやすくしました。粉砕セットの材質も5種類から選べます。容量は50mL,100mLおよび250mLの3種類です。

 


蛍光X線分析用試料の調整に振動ディスクミルは広くご使用いただいています。そこで、RS200で粉砕した試料の試験片作成機として、このたびペレットプレス PP 40 を発売いたしました。RS200との組み合わせで、分光分析用試料の調整を飛躍的に効率化できます。

back