玩具中の重金属分析

玩具は安全でなければなりません。これは玩具中のヒ素、鉛、カドミウム、およびアンチモンの様な物質の最大許容値を定めたEU指令88/378/EWGに明確に記載されており、含有量は子供に害があると推定されるレベル以下でなければいけません。最近では、玩具から基準値を上回る重金属が検出された事例がメディアを賑わせているため、消費者の安全への関心も高まっています。そのため、玩具メーカーにとっては、信頼性のある品質管理によって製品の無害を立証することが重要な課題となっています。

back